2018年04月08日

「7日の王妃」8話 ヨン・ウジン、イ・ドンゴンの前に現れる

KBS2水木ドラマ『7日の王妃 DVD』でイ・ヨク(ヨン・ウジン扮)がシン・チェギョン(パク・ミニョン)を生かそうとイ・ユン(イ・ドンゴン扮)に弓を射る姿が描かれた。

この日イ・ヨクはシン・チェギョンもまた、自分と同じように毒矢に当たったという事実を知り、シン・チェギョンが命を失うことを恐れ焦りを見せた。以後シン・チェギョンが城楼の竿に縛り付けられているという知らせを聞いて駆けつけたが、四方に兵たちが布陣しており、彼女を救えなかった。

イ・ヨクは才気を発揮してイ・ユンに「シン・チェギョンが縛り付けられて死んだ」という手紙を付けて弓を撃ち、イ・ユンはシン・チェギョンを救った。以後イ・ユンはシン・チェギョンに直接煎じた薬を飲ませ、至極な心で看病する姿を見せた。怪しいパートナー DVD以後イ・ユンは都承旨イム・サホン(カン・シンイル扮)に「御名なく『私の人』に触れたら容赦はしない」と怒りを表した。

一方、イ・ヨクも宮にこっそり潜入してシン・チェギョンの状態を確認し、証の指輪を首にかけてあげてから行った。

7日の王妃 DVD


一方、イ・ヨクは水害を口実に赦免令を下し、7日の王妃 DVDシン・チェギョンを解放しようとする名分を掲げたが、イム・サホンが進上品盗賊が大臣たちの家から盗んだものと計略を企ててシン・チェギョンをさらに危機に追いやった。

これに対し、左議政シン・スグン(チャン・ヒョンソン)が「自身が責任を取って辞職する」と石膏大罪(わらむしろの上に伏して処罰を待つこと)に乗り出した。

この事実を知ったシン・チェギョンは「家族は罪がない。番人 DVD私が罪は受ける」と泣き叫び失神した。この時イ・ヨクが「お兄様、僕が帰ってきた」と話しイ・ユンに姿を現して、兄弟の乱が再び始まったことを知らせた。  


Posted by 藤原麻衣 at 14:38Comments(0)韓国ドラマ